これだけは知っておいてください。

 

◆最近のカメラは通常の光条件では性能差はない、しかし、逆光や低照度では大きな差が出ます。設置環境に応じて正しい選定が大切です。

 

◆次に大切な機能として動体検知がありますが、これは極端に性能差があります。

 

◆画像解析はカメラ自身がインテリジェンスに行うものと、サーバー側で行うものとに分かれます。

 

◆聞いた事のない、実績のないブランドの製品には要注意、結局は高いものになります。

 

◆国内メーカーもCanonやPanasonicとSONY、JVC以外は厳しい状況にあります。理由は海外で鍛えられていない、挑戦していないから、良いものが出来ない、売れない、開発予算がないの循環です。